やってはいけないことを知ろう

この記事をシェアする

タバコを吸って良いタイミング

当日はタバコを吸ってはいけない

原則的に、健康診断の前日まではタバコを吸えます。
当日になったら、おわるまでタバコを吸わないように気を付けてください。
ガマンするのは当日だけなので、誰でも守れるルールです。
タバコ1本くらい、何も影響が出ないと思っている人がいるでしょう。
ですがタバコの煙は、身体にたくさんの影響を与えます。

少しの量でも、身体に異変が起こっていると判断されるかもしれません。
医師から当日に吸ってはいけないと言われたら、素直に守ってください。
健康診断が終われば、いつも通りタバコを吸えるようになります。
ルールを破って健康診断の当日にタバコを吸うと、再検査を命じられることがあります。
するとまた、タバコを我慢しなければいけないので辛いです。

できれば前日から控えたい

ルールとしては、健康診断の前日までなら自由にタバコを吸うことができます。
ですが健康診断の前日に、身体に大きな負担を与えることはしないでください。
タバコを吸うと、臓器に影響を与えます。
ゆっくり身体を休ませることが最もおすすめなのでタバコをやめたり、どうしても吸いたい場合は量を減らしてください。

少ない量なら前日にタバコを吸っても身体に与える負担は少ないので、健康診断で正しい結果を聞くことができます。
タバコは、身体に悪影響を与える存在だと認識してください。
ですから普段から、吸う量を少なくした方が良いです。
吸い続けていると大きな病気が見つかってしまうかもしれません。
そうなったら大変なので、今から対策をしましょう。



PAGE
TOP